もっとすごい薬効がわかった魚のEPA

血管を強くし、成人病に効く!

矢澤 一良 著 1993.12.18 発行
ISBN 4-89295-018-1 C2177 文庫サイズ 48ページ 本体 250円(税抜)

ダイエット効果が立証!

もっとすごい薬効がわかった魚のEPA

四週間で体重が6%減量
リン脂質型EPAのダイエット効果は次の実験によって立証されました。
遺伝的に高血圧で脳卒中を起こしやすいラットを用意して、A群、B群、C群と3つのグループに分け、以下の状態で飼育します。

〈A群〉通常のエサ
〈B群〉通常のエサ+中性脂肪型EPA(従来のEPA)
〈C群〉通常のエサ+リン脂質型EPA(新型のEPA)

4週間後に体重測定をしたところ、A群とB群はほぼ同じでしたが、リン脂質型EPAを食べさせたC群のラットだけが、約6%の減少を示したのです。
そこで今度は、C群のラットを解剖してみた結果、腎臓周辺の脂肪が36%、副睾丸周辺の脂肪が26%も減っていることがわかりました。
腎臓周辺の脂肪は、皮下脂肪の代表的な存在です。ここの脂肪がこれほど減少したということは、全身の脂肪量もかなり下がったということです。B群にはこのような作用は全く見られませんでした。
さらに、血液中のコレステロールなどの脂質も減っていました。つまり、従来の中性脂肪型EPA同様に、新しいEPAにもコレステロールなどを低下させる作用があるわけです。

夢のダイエット食品
この実験結果が、人間の体内でも同様に作用するとすれば、リン脂質型EPAの投与によって、1カ月で3.5キロ程度(体重60キロの人)の減量が期待できます。
太り過ぎで健康に不安を抱いているという方から、成人病で体重を落としたい方、美しいプロポーションに……と願う女性まで、幅広く利用していただけることと思います。
とくに、幼いときに糖分を摂り過ぎて脂肪細胞数が多いタイプの人は、ダイエットしようとしてもなかなかやせることは困難です。
リン脂質型EPAは、そうした脂肪細胞の増加を抑制する作用も期待されており、健康増進をはかりながら無理なく減量できる「夢のダイエット食品」誕生といったところですね。

(後略)


その他のDHA・EPA関連書籍